子供のムダ毛※深刻な悩みの解消は親御さんの役目です

大人が考えるよりも深刻な悩み

私たち大人からしてみると、子供のムダ毛の悩みなんて大したことないと思いがち。でもそんな考え方はとっても危険なんです。子供にとっては、人生を大きく左右しかねないほどの危険をはらんだコンプレックスなんです。 たかが毛、されど毛なんです。

こどものムダ毛が悪影響の実例

  • 登校拒否
  • いじめ
  • ひっこみじあん

男子からのからかいの対象になります。そこからいじめに発展する例もあるらしいですね。夏場の体育の授業が嫌いにもなります。 女子は「毛濃いよね~」と悪気なくライトに言ってきます。言われた方にしてみると、とんでもなく重たい言葉に感じて肌を出すのがイヤになりだして、発展するとひっこみじあんに。周りの目を過剰に気にし始めて登校拒否になるケースも珍しくありません。

成長期が進むともっと毛が太く濃くなる

中学生ぐらいから、ますます毛が太く濃くなるので、脱毛するなら早いうちがいいでしょう。脱毛しても新しい毛が葉てくるのが成長期。とはいえ、やらないよりもやった方が毛が少なくなるし本人の気持ちも晴れやかになっていくはずです。成長期は新しい毛が生えてくるので、大人よりも効果の実感は遅いということを忘れずに。

まとめ

脱毛エステでの脱毛が良い。ディオーネはこれまでの脱毛法とは全く違う脱毛方法なのでお肌にノーダメージ。エピレのキッズ脱毛は肌をいたわっているので痛くない。

このページの先頭へ